ただ・・会いたくて・・恋しくて・・
不倫・・・ いけない事とわかっています・・・ でも、彼との出会いが私を変えた・・・ 5年前に始まった秘密の恋を振り返りながら、綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅立ちの前夜 (後編)
二人だけの幸せな時間はあっという間に過ぎて・・・

あとはお風呂に入って、寝るだけ・・・

私達は一緒にお風呂へ・・・・・・片時も離れたくなかった・・・・
たくが先に座って足を伸ばし、その上に私が座った・・
たくの胸に私の背中があたり・・・
後ろからたくは両手を回して、私を抱きしめてくれた

体が温まったところでお互いに体を洗いあっこして、泡だらけのまま・・
ぎゅっと抱き合って・・・
お互いの気持ちが高まるばかり・・・
シャワーで泡を落とし、たくはベットへ移動・・・・
私はドライヤーで髪の毛を乾かした。

久しぶりだった・・・
ホテルのベットも・・・Hも・・・・
部屋を借りてから、もちろんホテルへ行く事はなかった・・
Hは・・・数ヶ月間忙しくてずっとしていなかった・・・

しかも・・・翌朝になれば・・離れ離れ・・・
せつない気持ちが高まるばかりだった

広いベットに上半身裸のまま、たくは座って待っていた・・・
『ごめんね~お待たせ~~』
『いいよ~~おいで~~~』
たくは足元の布団をはいで、両手を広げた・・
私はバスタオルを体に巻いたスタイルでたくの胸に飛び込んだ
すぐに私をベットに寝かせ・・・上から優しくKISS・・・
お互いの目と目が合って・・・今度は舌を絡ませ、息が出来なくなりそうな激しいKISS
    『愛してる・・・・』
たくはじっくり時間をかけて、何度もKISSをした・・

そして・・・私の唇から耳元・・・首筋に舌を這わせ・・・バスタオルをさっとはがし・・
たくは自分の目に私の裸を焼き付けるようにじっと見つめながら・・
両手で胸を揉んだ
私はたくに触られて・・思いきり感じていた・・・

たくは片手で胸を揉みながら、舌で乳房の先端を入念に舐めた・・・
もう一方の手は私の秘部へ・・・
久しぶりのH・・・・体の反応が敏感だった・・・
   『ああああぁ・・・・・だめぇ・・・』
私は一気に・・・イッてしまった

『僕も気持ち良くして欲しい・・・』
私はたくの大切なモノを口に含んで一生懸命舌で舐めた・・・
しばらくして・・
たくは私の下半身を自分の顔の上に持ち上げた・・
69・・・
お互いに大切な部分を舐めあった@@@@@@@@@@@@@@@@@

『あぁ・・・・もう我慢出来ない・・・・・・』
たくは起き上がり、私を寝かせ・・思いきり両足を開いて・・・
ゆっくり・・・ゆっくり・・・私の中に入ってきた・・・
両手を繋ぎ、たくは激しく腰を動かした・・・
私の体の奥・・・深くまで・・・・・・激しく・・・・突いた・・・
体中に刺激が伝わり・・・・たくの愛をいっぱい・・感じていた
私はただ・・ただ・・・たくにされるがまま・・・
横・・・バック・・・たくは私の体の向きを変え・・・あらゆる角度から突き上げた・・・

(私の体全体にたくの愛が深く・・刻み込まれた・・・・



やがて・・・
・・・・・・・・・・・・同時に昇りつめた


私達はシャワーを浴びて・・・
ベットで手を繋いで  ピッタリ寄り添って眠りについた



ランキングに参加しています。よろしければ1押しお願いします

  にほんブログ村 恋愛ブログへ FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお~!
なんか感動的です!
この同時に昇りつめるってのが簡単そうで意外と難しいんですよねーv-238
2007/10/22(月) 22:14:21 | URL | Kaz #-[ 編集]
お互いの
愛情の深さが伝わりますね~
ステキなHだったんだろうな~
2007/10/22(月) 23:52:06 | URL | funkstar #RXUmL0QM[ 編集]
Kazさんへ
(^-^*)(..*)ウンウン 
同時に・・・私も難しいと思います!!

この時は夜が明けないで・・・って思いでしたv-409

2007/10/24(水) 13:20:01 | URL | ももこ #-[ 編集]
funkstarさんへ
この夜の事は私の大切な思い出になっています。
せつない気持ちが伝わるHでした・・・
2007/10/24(水) 13:26:04 | URL | ももこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。