ただ・・会いたくて・・恋しくて・・
不倫・・・ いけない事とわかっています・・・ でも、彼との出会いが私を変えた・・・ 5年前に始まった秘密の恋を振り返りながら、綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体が凍りついた出来事
試合当日の朝・・・
慌しく出掛ける準備をして、部屋を出る直前にぎゅっと抱き合ってKISS
別れを惜しむ時間がないまま・・・
チェックアウトをして、駅へ向かった
たくは私の試合が終わるまでどこかで時間を潰して待ってくれる事に・・・
試合会場の最寄り駅に着いたところでたくと離れた


夕方、試合が終わってすぐ、メールでたくに連絡をした。
会場からダッシュして駅へ向かうとたくは笑顔で待っていてくれた
周囲の目が気になったのですぐに電車に乗って新宿へ移動した
帰りの新幹線の時間までは約2時間・・・
行くあてがないまま・・新宿のデパートに入り・・・
喫茶店でしばらく話す事にした
試合結果の話で盛り上がったあとは・・・徐々に口数が減って・・
離れ離れになる時間が近づいてきて、気持ちがどんどん沈んでいく・・・
1日前は幸せの絶頂だったのに・・・


この後・・
私にとって衝撃的な瞬間が訪れた


新宿から東京駅へ向かう途中・・・
新宿駅のホームに到着した時体が凍りついた
私の目の前に立っていたのは・・・
   義理の兄   だった・・・
私の姉の旦那で中学生の頃から私を選手として育ててくれた方です・・・
会場から出る前に『お先に失礼します!』と挨拶してきた相手・・
『・・・・・・・・・』
私は言葉を失いました・・・
義兄も何も言わず・・・
ホームに入ってきた電車に乗り、義兄は少し離れた場所に座った。

たくと並んで座ったものの・・私はかなり動揺していた
『ももちゃん、あの人だれ?すごい目でこっちを睨んでるけど・・・』
私はたくに義兄の事を詳しく説明した・・・
(まずい・・・やばいことになりそう・・・)胸騒ぎがした・・・

東京駅に着いても気持ちが落ち着かなかった。
たくはすごく心配しながら、
『自分の幸せを1番に考えるんだよ。俺の事は気にしないで!』
彼の優しさが嬉しかった

たくとの別れ際・・・どこから見られているか・・わからなくて・・
握手をするのが精一杯だった
『一人で悩まない事、何か起こったら必ずメールで教えて!』
『うん。ありがとう。また絶対会おうね


重い足取りで家路に着いた。

超堅物の義兄・・・
一体どんな行動を起こすのか・・・
私は怖くてたまらなかった





いつも応援ありがとうございます押して頂けると励みになります

  にほんブログ村 恋愛ブログへ FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:秘密の恋愛 - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。