ただ・・会いたくて・・恋しくて・・
不倫・・・ いけない事とわかっています・・・ でも、彼との出会いが私を変えた・・・ 5年前に始まった秘密の恋を振り返りながら、綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京でデート(後編)
2時間程、寄り添って眠り・・・
私は先に目覚め、ベットからそろりと抜け出し・・
身支度を整え、自宅から持参したパソコンを開いた
翌日の試合の為に東京まで来ているという現実に戻った・・・
しばらくの間、パソコンの画面に集中していたら・・・
『ももちゃん、調子はどう?』
ベットからたくに呼びかけられ、私は慌てて振り返り、
『あ・・・おはよう~・・・・まあまあかな・・』
『お腹空いたなぁ~何か食べに行こうか!!』

お腹ペコペコだったので夕ご飯を食べに行く事にした。
ホテルを出て、駅から来た道とは反対方向へ歩き出した
5分程歩き、和食のレストランに入った。
堀ごたつの席に案内してもらえた。
たくはかつ鍋定食、私はお寿司と天ぷらのセットを注文
お互いのおかずを少しずつ分け合って、食べた。
なんだか・・・幸せな気分で美味しく感じて、いっぱい食べたら・・
『それだけ食べれれば、明日1日抜いても大丈夫だね!』
試合の当日は緊張感のせいで食べれなくなるので、食いだめってことで・・

ホテルへ帰る途中、コンビニに寄って、ハーゲンダッツのアイスを買って戻った。
一緒にテレビを見ながら、アイス&コーヒータイム
二人でいられる時間は何をしていても幸せに感じられた

そして・・・バスタイム
バスルームがとても狭かったので一緒に入るのは諦めて、別々に入り・・・

とうとう・・寝る時間に・・・
一緒にベットに入り、私の右側にたくが横になった。
楽しい時間が終わろうとしていた・・
寝て起きたら、試合・・・
また、たくと離れ離れになると思ったら、寂しさがこみ上げてきた
私は涙を見せないように・・・・・たくに背中を向けた・・・
たくはそっと背中から私を抱きしめたあと・・・
パンティを一気に剥いだ・・・
耳元で『ももちゃん、そのままだよ・・・』
私は横向きでたくに背中を向けたままの姿勢・・・
たくは背後から、体を密着させ・・・彼の手は・・私の秘部に触れていた。
私は敏感に反応・・・
そのままの姿勢で、ゆっくり・・・ゆっくり・・・たくが入ってきて、1つになった
『このまま眠ろうか
『うん。いいよ

しばらくの間、ぴったりと合体して、お互いの体温を感じたまま・・・
ほんとにそのまま眠れたらいいなぁ~なんて思ったけれど・・・



私達は体の向きをいろいろ変えて・・・
激しく愛し合いました
体全体にたくの愛を感じて・・・幸せだった・・・


再び、ベットに一緒に入り、手を繋いで寄り添った。
今度はたくの顔を目に焼きつけたくて、じっと顔を見つめていたら・・
『明日の試合の為に早く寝るんだよ
頭ナデナデしてもらって・・・
『おやすみのKISSしてくれたら寝る
甘えてみた・・・
しょうがないなぁ・・という笑みを浮かべながら、KISSしてくれた、たく・・・
ぴったり寄り添って・・・眠りについた


翌日・・・試合が終わったあと、一緒に東京駅まで行く約束をした。
しかし・・・・これが・・・ちょっとした騒動を起こすことに・・・・





いつも応援ありがとうございます押して頂けると励みになります

  にほんブログ村 恋愛ブログへ FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:*不倫 de 純愛* - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。