ただ・・会いたくて・・恋しくて・・
不倫・・・ いけない事とわかっています・・・ でも、彼との出会いが私を変えた・・・ 5年前に始まった秘密の恋を振り返りながら、綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠距離になって・・初のデート(後編)
バスルームから出て、たくは腰にバスタオルを巻きつけて、ドライヤーで髪を乾かし始めた。
私はホテルの部屋着を身につけ、ベットで横になって、まったりとテレビを見ていた

『おまたせ~~~』
の声と同時にたくは裸でベットに飛び込んできた

掛け布団を跳ね除け、私が身に着けていた部屋着の紐を素早くほどき、荒々しく脱がされた・・
会えなかった日々の寂しさを埋めるかのように・・・
私達は激しく求め合った
お互いの肌が触れ合って、体温のぬくもりを感じて嬉しかった


私の体はたくに触れられると不思議なくらい・・・感じてしまう・・・
今まで旦那としかHをした事がなかった私・・・
Hなんて嫌!と思っていた私に・・・
Hの素晴らしさを教えてくれたのは・・たくだった


たくは私の体すべてを愛してくれる・・・
私もたくを悦ばせたいという気持ちがわいてくる・・・
お互いに貪り合って・・・
一つになりたい・・・繋がりたい・・・
二人の気持ちが燃え上がっていく・・・

私を寝かせて・・・たくはゆっくりと・・・奥まで入ってきた・・・
激しい動きに変わって・・・頭の中に刺激が伝わって・・・・

『あぁ・・・・・・・・・・・・もう・・・・だめ!!!』
私がこの言葉を漏らすたびに・・たくは動きを止めて、体位を変えた・・
いろいろな角度から攻められて・・・
頭の中がおかしくなりそうだった・・・

濃厚に絡み合って・・・

やがて・・・
私達は・・・一緒に昇りつめた


ずっと寂しくて・・・空っぽだった愛情タンクが満タンになった

シャワーを浴びてから、しばらくの間ベットで並んで腕枕・・・
私はこのまったりした時間が大好き・・・幸せなひと時に思える・・・


夕方6時までがこのホテルのフリータイム・・・
私達はぎりぎりまでこのお部屋で過ごした・・

ランチ&カラオケで外出した私・・
夕食は家で食べなければならなくて・・
7時にはお別れだった

たくは実家には顔を出さなくて、夜11時の夜行バスで戻る事にしていた
私に会う為だけにわざわざ来てくれたのに、バスに乗る時間まで一緒にいてあげられなくて・・・
私の悲しげな表情を見て、
『無理したらだめだよ!今日外出理由作るの大変だったでしょう?
遅くなると疑われるからね。俺は大丈夫だよ

『そうだね・・また会えるよね?』
『うん。会えるよ!!』


ホテルから出て、朝、たくが待っていたネットカフェのそばのコンビニに車を停めた。
タイムリミットの7時までの約30分、車内で手を繋いで寄り添って過ごした
また、しばらく会えない日々が続くと思うと・・・自然に涙がこぼれた

あっという間にタイムリミットの7時・・・
何度もKISSをして 別れを惜しんだ・・・

たくが車を降り、私が運転席に移動して、窓を開けた・・
『ももちゃん、気をつけて帰るんだよ
と言って、私の頭を撫でて笑顔で手を振った

私も精一杯の笑顔を作ってたくに手を振って、車を発進させた


再び、たくはネットカフェで時間を潰し、夜11時過ぎに夜行バスに乗って、翌日会社の寮へ戻った・・・





ランキングに参加しています。よろしければ1押しお願いします

  にほんブログ村 恋愛ブログへ FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:遠距離、婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。