ただ・・会いたくて・・恋しくて・・
不倫・・・ いけない事とわかっています・・・ でも、彼との出会いが私を変えた・・・ 5年前に始まった秘密の恋を振り返りながら、綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年目の秋から冬にかけて(後編)
車内で・・・私達はしばらく抱き合ったまま・・・

たく 『こんな時間に出てきて大丈夫だった?』
ももこ 『少し無理しちゃった・・・』
たく 『やっぱり・・そうだよね・・じゃあ、あまり時間ないね・・』
ももこ 『うん・・・』

体を離し、たくは車を発進させた・・・
右手でハンドルを握り、左手は私の右手を握っていた
『この辺にホテルある?』
私の住むマンションから近い場所・・・
ホテルはあるけど・・・ある意味、危険地帯・・・
不安はあったけど、そこへ向かった・・・


古めかしいホテルばかりが並んでいた・・
選んでいる時間はなかった・・・・たくはここにするというような合図を目で送り、ある古びたホテルに車を停めた。

部屋に入ってびっくり・・・古くて狭くて・・・
しかし、私達はただ・・・ただ・・・二人っきりになる空間が欲しかった・・
・・・・どうしても・・愛し合いたかった


すぐに洋服を脱ぎ捨て、一緒にバスルームへ・・
ボディソープを泡立てて、お互いに大切な部分を洗い合った・・・
シャワーを浴びて、急いでベットへ移動・・・

『ももこ・・寂しい思いをさせてごめん』
『うん・・・いいよ・・・・・すごく会いたかった・・・』

会えなかった日々の寂しさを埋めるように、私達はお互いの体温を確かめ、激しく求め合った・・・
舌をからませる長いキスのあと、たくは私の首筋から胸・・・舌を這わせて全体を舐め回した・・・
私もたくの大切なモノを口の中にいれ、舌で・・・・・

ひとつになりたい・・・二人の気持ちが高まっていく・・・


私を枕に寝かせ・・・ゆっくり・・・・私の中にたくが入ってきた・・・

私の頭の中は電気が走ったような感じ・・

たくは上からぴったりと体を密着させて、そのまま私の唇に吸い付いた

すべてがひとつになって・・・嬉しかった


そして、たくは激しく腰を動かし、私の体の奥深い場所まで刺激・・・

限られた時間の中で・・・愛を確かめようと必死だった・・・

私が昇りつめるぎりぎりのところで、たくは体を離し、私を四つんばいにさせて、バックから入ってきた・・・
後ろから胸を揉まれ・・荒々しく奥まで突き立てられて・・・一気に最高潮へ

たくの深い愛を感じて幸せだった

しかし・・・寄り添って腕枕・・・の時間はなかった。
マンションに置いてきた息子の顔が浮かんだ
慌しく身支度を整えて、ホテルをあとにした・・・

たくも心配してくれて、すぐそばにあるバス停で降ろしてくれればいい、と言って見つけた瞬間に車から降りた


息子を置いてマンションを出てから約2時間後・・・夕方6時過ぎに帰宅した・・
(何事も起きていませんように・・・)
そろ~り、玄関の鍵を開けて入ると

『おかえり~ママ、もう帰ってきちゃった~~

一人でゲームやり放題が楽しかったみたいで、もっとやりたかったのに・・なんて雰囲気だった・・

息子の無邪気な顔を見て、ほっとひと安心
(彼に会いたい一心でこんな事をしてしまって・・・息子にごめんなさいです






研修が終わって、新しい職場へ・・・
でも・・・なかなか人生思い通りにいかないんですね・・・・







ランキングに参加しています。よろしければ1押しお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログへ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:ちょこっとエッチ - ジャンル:恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。